おすすめのカードローンや審査についても丁寧に解説!

東京スター銀行のおまとめローン「スターワンバンクローン」の審査、在籍確認の流れとポイント

審査は厳しいの?甘いの?

90「審査が緩い業者」完成品[1]
東京スター銀行のおまとめローン(スターワンバンクローン)ですが、銀行系ローンとなるため審査は厳しいです。
まず、個人信用情報機関に事故履歴が登録されている、すなわち金融ブラックの方が審査を通過できる可能性は非常に低くなっています。

また、返済能力が融資を行う上で最も重要なため、債務超過の危険性がある方も審査が通過できる可能性は低いです。
スターワンバンクローンの金利は、大手消費金融のキャッシングよりも低く設定されており、融資リスクの低い方をターゲットにしています。

さらに、審査自体は東京スター銀行の審査だけでなく、保証会社の審査も行われ、保証が受けられるかどうかが重要です。

仮審査と本審査の流れ

71「仮審査と本審査」完成品[1]
東京スター銀行のおまとめローンの仮審査は、申込情報からスコアリング審査と個人信用情報の照会をまず行います。
この際、おまとめ対象となる他社借り入れに関する情報(借り入れ件数と金額)を確認し、返済能力があるかどうか勤務先への在籍確認で確認します。

これと同時に、契約に対する保証委託が可能かどうかを保証会社で審査しています。
これらの審査を通過した後、申込者本人に審査結果が通知され、契約審査へと移行します。

契約審査はいわゆる本審査であり、身分証明書類と申込内容に相違が無いか、反社会的勢力との関係が無いかを確認した上で契約できるかを判断します。
基本的には、個人信用情報の照会によりこれらの問題があれば、本審査前で融資不可となります。

あくまで契約を締結する手順であり、契約内容と返済金額への同意となります。

土日でも審査してくれるのか?

48「土日でも借りれる」完成品[1]
東京スター銀行のおまとめローン(スターワンバンクローン)は、土日でも契約申し込みから審査対応まで行われています。
しかし、土日審査に対応していたとしても、仮審査に於けるスコアリング審査と個人信用情報の照会までとなり、ローン審査で重要な審査項目となる勤務先への在籍確認でストップしてしまう可能性があります。

土日でも勤務先に社員がいれば、在籍確認を行うことができる他、勤務先自体の休業日が基本的にない場合は審査が行われます。
しかし、土日は会社自体が休みという場合、審査が中断されてしまい、翌営業日から審査が再開されるということになります。

結果、審査結果の通知が受けられるのは月曜日以降になるという方が、基本的には多くなります。

在籍確認が来たら審査は通過ですか?

東京スター銀行のおまとめローンは在籍確認が来たら審査は通過なのかな?と感じている人が多いみたいです。結論から言うと、在籍確認が来たからと言って審査に通過したわけではありません。

在籍確認というものは銀行側のあくまでも審査段階で申込者が記入申告した勤務先にちゃんと勤務しているのかどうかを確認しているだけです。
ですから、在籍確認が来たから審査に通過したというのは間違えです。

実際に在籍確認は来たが審査に落ちてしまったという人もいますので、あくまでも審査段階と考えておくべきでしょう。

審査は専業主婦でも大丈夫?

58「専業主婦」完成品[1]
東京スター銀行のおまとめローンですが、融資対象者は給与所得者となっており、専業主婦は契約することができません。
銀行系ローンの多くは、専業主婦でも契約することは可能なものの、利用限度額が最高30万円というのが一般的です。

そもそも、専業主婦は無職と見做され、ローン審査においては配偶者に安定した収入があることが条件になります。
そのため、高額な融資額となるおまとめローンを契約することが基本的にはできません。

専業主婦で高額な借り入れをするのは非常に難しいため、融資額を増やすためには東京スター銀行の場合、派遣社員で勤務するしかありません。
勤務自体が難しいという方は、パートやアルバイトで収入を得て、他銀行のフリーローンを契約するのがおすすめです。

在籍確認の電話無しで借りれるのか?その方法は?

32「在籍確認」完成品[1]
東京スター銀行のおまとめローン(スターワンバンクローン)は、審査時に勤務先への在籍確認が必ず行われます。
おまとめローンの場合、融資金額が高額となり、返済できる能力があるか確認する必要があります。

つまり、毎月給与を受け取り返済ができるかどうか、万が一の際に給与差押が可能かを確認しています。
消費者金融のカードローン契約では、社員証や身分証明書類、収入証明書類で在籍確認が免除される可能性があるものの、基本的に銀行系のおまとめローンではその方法が利用できません。

しかし、在籍確認と言っても担当者個人名で行われる場合や銀行名を名乗る場合がありますが、何のローン審査かは分かりません。
自動車ローンの契約審査でも在籍確認が行われるため、不安に考える必要がありません。

郵送物無しで借りられるのか?

東京スター銀行のおまとめローンは、郵送物無しでの契約を行うことができます。
その方法としては、支店窓口の契約により、銀行口座の開設から契約まで行うことで郵送物が無くなります。

インターネットからの契約で、既に口座を開設している状態であれば、提出書類をアップロードして契約ができるため、郵送物が無くなります。
郵送物が生じてしまうものの、銀行口座の開設通知とキャッシュカードの送付となるため、おまとめローンの契約だと分かりません。

家族に聞かれても、銀行口座を開設したと説明するだけで済むため、郵送物自体からバレる心配はありません。

在籍確認はどのタイミング?内容は?

東京スター銀行のおまとめローンを契約する場合、勤務先へ必ず在籍確認が行われますが、どのタイミングで行われるのか気になる筈です。
在籍確認自体は、仮審査の審査項目の一つであり、申込内容からのスコアリング審査と個人信用情報の照会が行われてから、勤務先の情報が正しいかどうかを確認します。
つまり、仮審査の結果通知前に行われます。
東京スター銀行の在籍確認については、在籍確認を行う担当者の個人名で行われ、銀行名を出しません。
あくまで、申込内容に記載した会社に電話が繋がるか、本人が在籍しているかどうかをチェックしており、本人が不在でも『在籍している』と分かれば十分です。
出張や休暇、会議そして作業中で電話に出られなくても問題はありません。
本人に電話が取次がれた場合は、本人確認を行い、契約の事実を確認して終了であり、確認内容に応対してもローン審査だと分かりません。

在籍確認後に否決されることもあるの?

東京スター銀行のおまとめローンの契約審査において、勤務先への在籍確認まで進んだのに審査結果がNGという可能性は少なからずあります。
否決される可能性があるのは、本人の在籍状況を確認できなかった、申告した情報と相違があったという稀なケースです。

ローン契約の際、虚偽申請をしても個人信用情報の照会でほとんどバレてしまうため、在籍確認で否決になるのは『在籍していない』という回答を受ける場合です。
ただし、勤務先の応対者が『〇〇様はいらっしゃいますか?』という質問に対し、在籍しているのであれば『席を外している』、『休暇中』、『電話に出られない状況』と応対するのが一般的です。

個人名の電話でも不審な電話でなければ、急ぎの電話だと判断されることや本人に連絡が付かないから勤務先に電話が来たと判断できます。
在籍確認まで来れば、後は仮審査結果の通知を待つだけであり、問題無い申請を行っていれば不安に考える必要はありません。

関連記事

PAGE TOP