おすすめのカードローンや審査についても丁寧に解説!

キャッシングをしていると住宅ローンの審査に通らなくなるの?

そろそろ持ち家が欲しくなって住宅ローンを組みたいと思った時にキャッシングをしていると審査に通らないという話をきいたことはありまえんか?
実際はどうなのでしょうか?

住宅ローン審査の際はキャッシングの利用状況もチェックされます

銀行も、住宅ローン審査は行内の稟議が必要になり、一定の条件を満たしていないと通過しません。
カードローンやクレジットカードの借り入れの状況は個人信用情報機関に照会することですべて銀行側がチェックできるようになっています。
住宅ローン審査を受ける時には、消費者金融は完済して利用残高をゼロにするとともに、クレジットカードのキャッシング枠はすべて解約しなければいけません。

現在キャッシングしている方

現在キャッシングしていて残債のある方は残念ながら住宅ローンの審査はまず通りません。
諦めるか、または完済してから申し込みをすることをおすすめします。
※銀行によっては完済後、1年間経過しないと申し込めないところもあります。
完済が不可能な状態なのであれば、それは住宅ローンを借りるだけの金銭的な体力が残っていないことを意味します。

特に限度額いっぱい借りているようであれば印象的にも悪いです。
同様に金融事故を起こしていたりすると審査には絶対に通りません。

過去5年以内でカードローンの完済実績のある方

ここ5年間でカードローンを利用されていたけれども完済された方というのは一番微妙です。
というのも、通常であればキャッシングしているというのはマイナス評価です。なぜならそれは”お金に困っている”と判断されるからです。
しかし、完済したということは、”ちゃんと返済する人”であるとともに”お金が足りない状況を抜け出した”とも判断できるからです。

プラスにもマイナスにもどちらにもとれますので、どう判断されるかは申し込みしてみないとわかりません。
申込む際には、完済しているカードローンは解約しておきましょう。クレジットカードのキャッシング枠も同様です。

カードローンの完済から5年以上経っている方

完済から5年以上経っている方は審査への影響はありません。
キャッシングの情報自体が5年間で消えてしまっています。

住宅ローンの審査に支障はありませんので普通に申し込んで大丈夫です。

まとめ

住宅ローンに過去のキャッシング履歴はほとんど影響はありません。
もし、過去の借り入れだけで住宅ローンの審査を否決していたら、現在の住宅ローン成約数はこんなにありません。

住宅ローンの審査に通ってしまえば念願のマイホームも手に入りますしたくさんのお金を低金利で借りられます。
しかし属性や信用情報次第では審査に落ちてしまうこともあります。

気をつけなければいけないのは、手あたり次第に申し込みをして、落ちてしまった場合には申し込みブラックになってしまうこともあります。
なってしまうと半年間は何を申し込んでも通りませんので十分注意してください。
住宅ローンを申込む前に、一度自分の信用情報がどのようになっているか確認することをおすすめします。

住宅ローンの審査の可否もカードローンと同様に最終的には金融会社個々の判断になります。
判断基準も金融会社個々で違いますので、”こうすれば通る”と断言できるものはありません。
普段から延滞などの金融事故に気をつけて、できるだけ借り入れの金額を抑えておくことが大切です。

関連記事

PAGE TOP