おすすめのカードローンや審査についても丁寧に解説!

車検費用が払えない時の車検ローンとは?

車検

車を所有していると2年おきに車検がやってきます。法律で決められていますので逃げも隠れもできません。

車検を通しておかないと

車検を通さないで、切れた状態の自動車で公道で運転することは、もちろん道路交通違反になります。
その際の罰金と罰則、違反点数は以下の表のようになります。

  • 無車検運行/車検切れの場合
  • 道路運送車両法により6カ月以下の懲役又は30万円以下の罰金
    違反点数6点

  • 無保険運行/自賠責保険が切れている場合
  • 自動車損害賠償保障法により90日の免停と1年6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金
    違反点数6点

  • 車検切れの罰金と罰則の合計の最大値
  • 80万の罰金
    違反点数12点(一発で免停)

車検を通していないと自賠責保険も切れている場合がほとんどですが、行政処分としては前歴なしでも90日以上の免停になるのは間違いありません。それどころか最悪の場合、免許取り消しに加えて、刑事処分の対象となり、判決次第では交通刑務所に収監される可能性すらあり得ます。

罰金についても、最大80万円ですが、それに近い数字となることはほぼ間違いありません。
絶対に車検は通しておきましょう。

車検にかかる費用

車検に掛かる費用は大きく分けて2つです。ひとつは法定費用といわれる、重量税・自賠責保険料・検査手数料・印紙代というものです。もうひとつは、点検整備料・車検代行料など、個々の自動車の状態や依頼するお店によって変わってくる費用です。
法定費用はざっくりで5万円~8万円程度かかります。

車検を依頼する業者によって上乗せされる費用は変わりますが、だいたい以下の表のような感じです。

車検のやり方 車検の費用
ディーラー 法定費用 + 40,000円~100,000円
車検専門チェーン 法定費用 + 25,000円~80,000円
民間整備工場 法定費用 + 25,000円~80,000円
カー用品店 法定費用 + 20,000円~60,000円
ガソリンスタンド 法定費用 + 20,000円~60,000円
車検代行 法定費用 + 10,000円~30,000円
ユーザー車検 法定費用のみ

ディーラー車検は今でも比較的高いですので安全性を重視する人以外は利用していないです。
自分で車検を通すユーザー車検は時間と労力がかかりますのでコスパを考えると割に合いません。

車検費用が払えない

車検費用が払えないとなると借りてでも車検を通すか車を売るか、放置しておくくらいしかありません。
車が生活していくのに必需品であれば売ったりするのは現実的ではありません。

車検が切れたまま放置

車検が切れた車を放置していても法律上は特に問題はありません。
しかし、公道を走ることができないので、あとで車検を通すにしても、移動させることが困難です。
レッカー等で運んでもらうとか、仮ナンバーをとったり、大変すぎます。

また、廃車手続きもしないでナンバープレートがついたままだと、自動車税も払わなくてはいけません。
乗れない車の税金を毎年払うのもバカらしいので放置するくらいならいっそのこと車を売ってしまうことをおすすめします。

車検を通していなくてもあまり査定金額には影響しません。

車検のローン

車検を通すのにローンで借りるとなると1番いいのは銀行や保険会社などのマイカーローンです。
金利も低いところでは年1%台ととてもリーズナブルです。

マイカーローンというと自動車を買う時のもの、と思われがちですが実は自動車に関わる様々な出費に対応しており、修理費用や車検費用も借りることができます。
ネックは審査までに時間がかかることです。早いところで1週間、遅いと2週間程度かかります。
また、少し金利が高くなりますが、コバックなどの車検専門店で、信販会社と提携し車検ローンを取り扱っています。高いといっても金利は年8.0%程度なので利用してみてもいいと思います。

最悪なのはクレジットカードやオートバックスローンで借りる事です。
クレジットカードは年15.0~18.0%、オートバックスローンは年17.0~19.0%もの金利がかかってしまいます。
消費者金融並みに金利です。
それに比べたら銀行カードローンの方が金利が低いのでお得です。

関連記事

PAGE TOP