おすすめのカードローンや審査についても丁寧に解説!

住信SBIネット銀行カードローン

実質年率 年2.49%~年7.99%(プレミアムコース)
年8.99%~年14.79%(スタンダードコース)
利用条件 次の条件をすべて満たす個人の方
・申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
・安定継続した収入のあること
・外国籍の場合、永住者であること
・保証会社の保証を受けられること
・住信SBIネット銀行の普通預金口座を保有していること(同時申込可)
使いみち 自由(事業資金は除く)
審査時間 最短30分(仮審査)
在籍確認 あり
即日融資 ×
即日振込 ×
来店の必要 なし
必要書類 本人確認書類(口座開設同時申込の場合)
収入証明書類(300万円超の借り入れまたは必要とされた場合)
限度額 10万円~1,000万円(プレミアムコース)
10万円~300万円(スタンダードコース)
返済方式 残高スライドリボルビング
毎月の約定返済(約定返済日に代表口座円普通預金から引落とし)
*約定返済日:5日(銀行休業日の場合は翌営業日)
保証会社 SMBCコンシューマーファイナンス
遅延損害金 年利20.0%

申し込みの流れ

netbknagare

  1. 申込み
    申込みボタンから申込画面へ進み必須事項を入力。
    住信sbiネット銀行口座を持っていない場合は「口座開設とカードローンの同時申込み」を選択。
  2. 仮審査
    入力情報にもとに、仮審査が行われます。
  3. 仮審査結果
    メールとメッセージボックスでのお知らせがあります。
    利用限度額と金利を確認することができます。※仮審査承認額が300万円を超える場合※
    300万円を超える利用限度額を希望する場合、収入証明書類の提出が必要です。
    「カードローン仮審査終了のお知らせ」の配信日から14日間を経過しても収入証明が到着しない場合には、利用限度額300万円にて本審査にすすみます。
  4. 本審査
    勤務先へ在籍確認
  5. 手続き完了
    メールとメッセージボックスでのお知らせがあります。
    WEBサイト・提携ATMから借入れが可能になります。

申し込みに必要な書類

  • 本人確認書類(口座開設同時申込の場合)
  • 収入証明書類(300万円超の借り入れまたは必要とされた場合)

収入証明書

300万円超の借り入れまたは必要とされた場合のみ必要です。

  • 給与所得者の場合
    1.源泉徴収票
    2.市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
    3.確定申告書
    4.給与明細直近1ヵ月分(勤続年数が1年未満で1~3が取得できないとき)
  • 個人事業主および法人代表者の場合
    1.市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書等)
    2.確定申告書

審査

  • 仮審査(最短30分)
    原則、メールでの連絡のみです。
  • 本審査
    在籍確認があり、完了まで数日かかります。

金利

金利はかなり低いです。スタンダードコースで年8.99%~14.79%、プレミアムコース年2.49%~7.99%です。
ただ、コースは自分で選べません。審査結果によりますが、ほとんどがスタンダードコースになると思っていて間違いないでしょう。
それでも最高金利が15.0%以下ですので低金利の部類に入ることは間違いありません。

金利の引き下げ条件

金利の引き下げ条件は

  • SBI証券口座保有登録済であること
  • 当社住宅ローン残高があること

です。どちらか片方でも満たせば年-0.5%です。
住宅ローンの方はちょっと現実的ではありませんのでカードローンをお持ちの方はSBI証券口座を開設するようにしましょう。
マイナンバーは必要ですが、そこまで難しくはありません。
※両方満たす場合でも年-0.5%以上の引き下げはありません。

カードローン 金利
住信SBIネット銀行 8.99%~14.79%
みずほ銀行カードローン 3.0~14.0%
プロミス 4.5%~17.8%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 4.6~14.6%
アコム 4.7%~18.0%
スルガ銀行リザーブドプラン 3.9%~14.9%

netbkkinri

在籍確認

勤務先へ在籍確認の電話があります。
なお、勤務先へ連絡は担当者の個人名で電話になります。
事前に希望をすれば「住信SBIネット銀行名」で電話連絡も可能です。
※在籍の確認がとれなかった場合、カードローンのお申込みを取下げとして扱わせていただく場合があるということでかなり在籍確認に関して厳しいです。

お試し審査

住信SBIネット銀行カードローンには利用可能か簡単にチェックできる「お試し診断」があります。
入力項目は

  • 年齢
  • 保険種別
  • 他社借り入れ件数・金額

です。回答は「ご利用可能と考えられます。」もしくは「大変申し訳ありません。ご入力いただいた内容だけでは、判断することができませんでした。」のどちらかです。
いずれの回答画面も「申し込みへ進む」のリンクがありますので、お試し診断にはあまり深い意味は無いのかもしれません。。。
※あくまでも入力内容に基づくものであり、実際の審査結果とは異なってしまう場合もあります

保証会社

オリックスクレジットまたはSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が保証会社になります。

即日融資は可能か?

本審査には数日かかるため、即日の借入れはできません。
やはりカードローンは金利が低くなればなるほど、限度額が大きくなればなるほど審査に時間がかかってしまいます。

住信SBIネット銀行と同じレベルの実力で即日融資を希望するのであればバンクイックや三井住友銀行カードローンしかありません。

土日の即日融資もできるの?

住信SBIネット銀行では土日であってもやはり即日融資は望めません。
土日でも即日融資が可能な銀行カードローンで、なおかつ低金利なのは三井住友銀行、バンクイックです。

他社との違い

これは住信SBIネット銀行カードローンだけではありませんが「当行口座保有」が条件なので、口座保有していない場合は同時に口座開設をする必要があります。
netbkcard
業界トップクラスの低金利が魅力です。審査によって決まるため、選ぶことはできませんがプレミアムコースの場合、上限でも年7.99%という超低金利です。

借入の手数料が24時間365日無料です。手数料0円というカードローンはたくさんありますが、どのATMでも24時間365日無料というカードローンは少ないです。

おまとめ・借り換え

おまとめローン専用、借り換えローン専用といった商品はありませんが、資金使途は原則自由(事業性を除く)なので、他社からの借換えや、おまとめに利用することは可能です。
公式ホームページにも「他社からの借り換えOK」と明記されていますので銀行としても借り換え目的での借り入れを積極的に受け入れる姿勢がみて取れます。

無利息期間

無利息期間はありません。
基本的に金利の低い銀行カードローンには無利息期間はありません。

借入方法

  • WEBサイト・モバイルサイトからの振込キャッシング
  • 提携ATMでの借り入れ

提携ATM

イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM
ATM利用手数料は24時間365日0円

パート・アルバイト・専業主婦

パート・アルバイトで本人に安定した収入がある方は申込みできます。
専業主婦の場合は、本人に安定した収入がないので申込みできません。

増額

増額が可能が可能と判断された方には「カードローン増額申込みのご案内」という案内が登録のメールアドレスとメッセージボックスに通知されます。
また、通知がない場合は申込みできません。

総量規制

銀行カードローンですので総量規制の対象外です。

返済

  • 住信SBIネット銀行口座からの引き落とし
  • インターネットバンキングによる返済
  • 提携ATMからの返済

毎月の約定返済は口座からの引き落としがメインです。
ネットバンキングや提携ATMでの返済は随時返済に充てられます。(全額返済はWEBサイトやモバイルサイトですることが可能です)
netbkhensai

返済方式

残高スライドリボルビング返済です。

まとめ

住信sbiネット銀行は2007年にできた比較的新しいネット銀行です。
口座開設が必須なのでこの点はデメリットだと考えられます。
なお、住信SBIネット銀行は、同行内振込が無料、他行振込でも月3回まで無料です。

申込みから契約完了までがその日のうちに完了することは、ほぼないのでお急ぎの方にはおすすめできません。

急ぎはないが「低金利で借りたい」「ATM手数料を掛けたくない」という方におすすめのカードローンです。
審査によって、プレミアムコース(上限:年7.99%)とスタンダードコース(上限:年14.79%)が決まるためコースを指定することはできませんが、スタンダードコースでも他社と比べて決して高い金利ではありません。
ATM手数料0円に関してはコースに関係なく全ての利用者に適用されます。

関連記事

PAGE TOP